コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻続王 おみのおおきみ

1件 の用語解説(麻続王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻続王 おみのおおきみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の皇族。
「日本書紀」によれば,天武天皇4年(675)罪により因幡(いなば)(鳥取県)に流罪となり,ふたりの王子も伊豆(いず)島と血鹿(ちかの)島(長崎県)に流されたとある。「万葉集」にこれをかなしむ歌があり,配流地は伊勢(いせ)(三重県)とされている。
【格言など】うつせみの命を惜しみ浪にぬれ伊良虞(いらご)の島の玉藻刈りをす(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

麻続王の関連キーワード飛鳥井宋世飛鳥井頼孝飛鳥飛鳥時代飛鳥井流飛鳥岡本宮飛鳥川原宮飛鳥京跡飛鳥宮跡飛鳥井曾衣

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone