コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻続王 おみのおおきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麻続王 おみのおおきみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の皇族。
「日本書紀」によれば,天武天皇4年(675)罪により因幡(いなば)(鳥取県)に流罪となり,ふたりの王子も伊豆(いず)島と血鹿(ちかの)島(長崎県)に流されたとある。「万葉集」にこれをかなしむ歌があり,配流地は伊勢(いせ)(三重県)とされている。
【格言など】うつせみの命を惜しみ浪にぬれ伊良虞(いらご)の島の玉藻刈りをす(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

麻続王の関連キーワード天武天皇打ち麻を海人

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android