コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄屋 コウオク

デジタル大辞泉の解説

こう‐おく〔クワウヲク〕【黄屋】

《裏に黄色の絹を張ったところから》昔、中国で天子の乗る車をおおう、きぬがさ。転じて、天子・帝王を敬っていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうおく【黄屋】

古く中国で、天子の車に用いた黄色の絹で裏張りした車蓋しやがい
天子を敬っていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黄屋の言及

【黄】より

…また《広韻》は黄を中央の色とするが,これは五行思想から東西南北と中央の五方を青白赤黒および黄で象徴したものである。このように黄は地の中央を支配する天子を象徴する色となり,たとえば天子の車を黄屋,天子の鉞(まさかり)を黄鉞,宮城の門を黄門または黄闥と呼んだ。インドでは人民の4階級(カースト)を表す4色(白赤黄黒)のうち黄はクシャトリヤ(王侯・武士階級)の色である。…

※「黄屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android