コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄文大伴 きぶみの おおとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黄文大伴 きぶみの-おおとも

?-710 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱の際,大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)の命令で,大分恵尺(おおきだの-えさか)らとともに吉野から飛鳥古京の留守司高坂(たかさか)王のもとにいき駅鈴をもとめるが,発給を拒否される。大宝(たいほう)3年山背守(やましろのかみ)となった。和銅3年10月14日死去。姓は黄書ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黄文大伴

没年:和銅3.10.14(710.11.9)
生年:生年不詳
壬申の乱(672)の大海人皇子(のちの天武天皇)側の功臣。吉野から倭京(奈良県明日香村)に駅鈴をとりに遣わされたり,のち大海人皇子軍に合流して活躍。その功により功封100戸を賜った。持統1(687)年当時直大肆(従五位上相当)。大宝3(703)年7月に正五位下山背守。死後,正四位下を贈られた。

(寺崎保広)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

黄文大伴の関連キーワード没年

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android