コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色植物 オウショクショクブツ

世界大百科事典 第2版の解説

おうしょくしょくぶつ【黄色植物 yellow algae】

ブーレリーP.Bourrellyが1957年に創設した植物分類系の1門。パッシャーA.Pascherが1914年に創設した黄金色(おうごんしよく)植物Chrysophytaと,ウェットシュタインR.R.Wettsteinが1901年に創設した褐藻類を包含する。クロロフィルaとcのほかにフコキサンチンなどのキサントフィル色素をもち,ラミナランlaminaranなどの水溶性炭水化物を光合成により生産する褐藻植物門に所属した褐藻類,黄金色植物門に所属した黄金色藻類(黄金鞭毛藻類ヒカリモ類),ケイ藻類,ラフィド藻類(緑色鞭毛藻類),黄緑藻類(不等毛類)などの一群,約550属1万2000種をさす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうしょくしょくぶつ【黄色植物】

カロテンやキサントフィルを多量にもち、黄緑色あるいは金褐色を呈する藻類の一群。古くは緑藻類に入れられた黄緑藻類(フウセンモ・フシナシミドロなど)、鞭毛藻類に入れられていた黄金色藻類(ヒカリモ・ミズオなど)、およびケイ藻類・褐藻類も含まれる。黄金色植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黄色植物の関連キーワードフシナシミドロジョウザンフウセンモクロモンカロテンミズオ珪藻類多核体海藻光藻

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android