コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄茶 きちゃ

3件 の用語解説(黄茶の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

きちゃ【黄茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや黄色みがかった茶色のこと。蜜柑みかんに近い。茶色のバリエーションとして用いられる用語だが由来は明確でない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ホワンチャー【黄茶 (中国)】


中国茶の一種。不発酵茶緑茶(リューチャー)と同様の工程を経た後に微生物による発酵を行う後発酵茶で、同じ後発酵茶黒茶(ヘイチャー)よりも発酵が軽度のもの。中国中南部の湖南省・君山島産の君山銀針が高級品として知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黄茶の言及

【中国茶】より

…こうした歴史と広大な国土,そして多くの民族をもつため,中国の茶は種類が多く,その製法,飲み方も他に類を見ないほど多様である。 中国茶はその成分から緑茶,青茶,紅茶,黒茶,黄茶,白茶の6種に分類される。緑茶はほとんどが釜(かま)いり製で,360℃の高温でいり蒸ししてつくる。…

※「黄茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄茶の関連キーワードウーロン茶烏竜茶ジャスミン茶釜煎り茶発酵茶不発酵茶中国茶の日後発酵茶包種茶ウーロン茶(烏竜茶)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄茶の関連情報