コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒南風 クロハエ

大辞林 第三版の解説

くろはえ【黒南風】

梅雨入りの頃、どんよりと曇った日に吹く南風。 [季] 夏。 → 白南風しらはえ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黒南風の言及

【風】より

… 南風(はえ)山陰,西九州地方でよく用いられる南風の呼名。梅雨の初めの黒い雨雲の下を吹く〈黒南風(くろはえ)〉,梅雨の最盛期の強い南風の〈荒南風(あらはえ)〉,梅雨明け後に吹く〈白南風(しらはえ∥しろはえ)〉などといわれる。 早手(はやて)疾風とも書き,〈疾風(しつぷう)〉〈陣風(じんぷう)〉ともいう。…

※「黒南風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒南風の関連キーワード南風(はえ)近藤 啓太郎梅雨入り渋川 驍季節の風伊東潤荒南風白南風はえ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒南風の関連情報