黒梅擬科(読み)くろうめもどきか

  • くろうめもどきか ‥クヮ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 双子葉植物の一科。世界に五八属約九〇〇種あり、広く世界的に分布する。高木および低木で、しばしば巻きひげや、かぎ状突起を持ち、つる性を示す。葉は互生または対生し托葉を持つ。花は両性、まれに単性。放射相称。萼片(がくへん)は五または四で弁状。花冠も五または四、雄しべは五または四、通常、花弁にくるまれている。花盤はよく発達する。子房は離生するか、または多少花托に合着し三または二室をつくる。各室に一個の卵子がある。果実は乾果または石果。ナツメの果実は食用となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android