黒田増熊(読み)くろだ ますくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田増熊 くろだ-ますくま

?-1889 幕末-明治時代の武士,官吏。
筑前(ちくぜん)福岡藩士。家老として矢野幸賢(ゆきやす)とともに勤王論の立場から藩主黒田長溥(ながひろ)を補佐する。元治(げんじ)元年勤王・佐幕の藩内党争で職を辞し,翌年藩論が佐幕に一変して謹慎を命じられる。維新後ゆるされ,明治3年福岡藩大参事となった。明治22年2月6日死去。本姓は立花。通称は山城。号は醍山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android