コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田桃民 くろだ とうみん

2件 の用語解説(黒田桃民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田桃民 くろだ-とうみん

1838-1895 幕末の医師,尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年6月11日生まれ。江戸でまなび,故郷の上野(こうずけ)(群馬県)にかえって医業をつぐ。慶応3年大館(おおだて)謙三郎らと新田勤王党に参加,4年上野東部の農民一揆(いっき)の鎮圧にあたった。明治28年12月9日死去。58歳。通称は信一郎。号は三千赤城。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田桃民

没年:明治28.12.9(1895)
生年:天保9.6.11(1838.7.31)
幕末の尊攘派志士。幼名道之助,通称信一郎。号は三千赤城。上野国新田郡村田村(群馬県新田町)黒田道慶の長男。母はとも子。武蔵国行田で医学を修め,のちに江戸で修学。祖父の死により帰郷して家業の医師を継ぐが,尊攘論者となり,一時同志の大館謙三郎らと新徴組に加わる。慶応3(1867)年には薩摩藩による幕府挑発行動のひとつ,下野国出流山挙兵に呼応して新田・足利両氏の血を引く新田満次郎の擁立を画策,首謀者として捕らえられた。翌明治1(1868)年,東山道先鋒総督岩倉具定により獄から出されるとすぐに新田軍に加わり,東毛地方の一揆を抑えるために奔走。のち帰郷して戸長などを務めた。<参考文献>奥山陽『東毛志士黒田桃民小伝』

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田桃民の関連キーワード田中河内介川津毎鎮古高俊太郎真田直昌立石孫一郎田中収吉本間精一郎松林廉之助松村大成林助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone