コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田継高 くろだ つぐたか

美術人名辞典の解説

黒田継高

福岡藩主。幼名菊千代・長好。長清の長男、宣政の養子。長崎の守衛を五十年間務めた。安永4年(1775)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田継高 くろだ-つぐたか

1703-1775 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)16年8月11日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)直方(のおがた)藩主黒田長清の長男。黒田宣政(のぶまさ)の養子となり,享保(きょうほう)4年(1719)筑前福岡藩主黒田家6代。吉田栄年(まさとし)を,ついで吉田保年(やすとし)を登用し,飢饉(ききん)で荒廃した農村の復興や財政の立て直しをはかった。安永4年6月17日死去。73歳。初名は長好。通称は菊千代,官兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒田継高の関連情報