コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色真菌感染症 こくしょくしんきんかんせんしょう Mycoses caused by Dematiaceous Fungi

1件 の用語解説(黒色真菌感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こくしょくしんきんかんせんしょう【黒色真菌感染症 Mycoses caused by Dematiaceous Fungi】

[どんな病気か]
 土中や植物についている、肉眼で黒く見えるかびが、ときに人の皮膚、まれには内臓に侵入しておこる感染症です。中南米や中国の一地方でよくみられますが、日本では年間数例の発生です。小さな傷口などから皮膚に侵入すると考えられています。
[症状]
 皮膚に潰瘍(かいよう)ができ、ゆっくり大きくなります。数十年かかる例もあります。菌の種類によっては、抵抗力が低下した人の内臓に感染し、命をうばうこともあります。
[治療]
 皮膚や内臓の病巣にこの真菌がいることを確認します。治療は、小さい病巣なら切り取ります。以前は難治とされていましたが、抗真菌薬の内服も有効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

黒色真菌感染症の関連キーワード如何に何心地不死身プリマドンナ夜盗虫病は気からシャルドンネ耐凍性雑種効果実験病理学 (experimental pathology)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone