黒色真菌感染症(読み)こくしょくしんきんかんせんしょう(英語表記)Mycoses caused by Dematiaceous Fungi

家庭医学館の解説

こくしょくしんきんかんせんしょう【黒色真菌感染症 Mycoses caused by Dematiaceous Fungi】

[どんな病気か]
 土中や植物についている、肉眼で黒く見えるかびが、ときに人の皮膚、まれには内臓に侵入しておこる感染症です。中南米や中国の一地方でよくみられますが、日本では年間数例の発生です。小さな傷口などから皮膚に侵入すると考えられています。
[症状]
 皮膚に潰瘍かいよう)ができ、ゆっくり大きくなります。数十年かかる例もあります。菌の種類によっては、抵抗力が低下した人の内臓に感染し、命をうばうこともあります。
[治療]
 皮膚や内臓の病巣にこの真菌がいることを確認します。治療は、小さい病巣なら切り取ります。以前は難治とされていましたが、抗真菌薬内服も有効です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android