コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色矮星 コクショクワイセイ

デジタル大辞泉の解説

こくしょく‐わいせい【黒色×矮星】

太陽と同程度の質量を持つ恒星の、最終的な形態。核融合を終えて白色矮星となった恒星が、きわめて長い時間をかけて余熱や光を失ったもので、光学的な方法などでは観測できない。現在の宇宙には、この状態にまで至った天体はないとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒色矮星
こくしょくわいせい
black dwarf

白色矮星が長い時間をかけて冷えてゆき、光を放出しなくなった状態。太陽程度の質量の恒星は、主系列での進化の後、赤色巨星になる。赤色巨星の段階で、恒星周囲からガスを大量に放出して、高密度な白色矮星に進化する。黒色矮星は、この白色矮星の終末期の形態と考えられる。しかし、黒色矮星になるには、現在の宇宙の年齢である138億年でも足りず、まだ理論上仮定の存在である。また、もし黒色矮星が存在していても、冷えて光らないため観測が非常に困難である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黒色矮星の関連キーワード妖星ゴラス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android