コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒部銑次郎 くろべ せんじろう

2件 の用語解説(黒部銑次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒部銑次郎 くろべ-せんじろう

1847-1912 明治時代の鉱山師。
弘化(こうか)4年8月生まれ。岩塩の採掘をこころざし,明治9年長野県伊那(いな)郡の鹿塩(かしお)で掘削をはじめる。岩塩層はみつからなかったが,松本順のすすめで25年保養目的の塩泉浴場を開業,鹿塩鉱泉のはじまりとなった。大正元年死去。66歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒部銑次郎

没年:明治45(1912)
生年:弘化4.8(1847)
塩産地の徳島に,359石取り徳島藩士銑之助の次男として生まれ,維新後,岩塩の探索に生涯をかけた。藩校に学び,上京して慶応義塾に入門。欧米の岩塩坑,塩泉の製塩を知り,日本での岩塩開発を志す。調査の末,伊那(長野県)大鹿村鹿塩を選定し,明治9(1876)年坑道掘削を開始,塩泉の製塩所を建てた。塩泉からの製品を第1回内国勧業博覧会に「山塩」として出品,賞詞を受けた。肝心の岩塩はなかなか見当たらなかったが,信念はゆるがず,坑道掘削を30年余続けた。41年政府の調査団が現地を調査,結論は「鹿塩に岩塩層なし」。鹿塩に墓が残る。<参考文献>葵二郎「白い鉱山師」(『日本専売新聞』1969年5月25日から64回連載)

(村上正祥)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒部銑次郎の関連キーワード国方豊民徳島県徳島市徳島線徳島大学徳島城大串竜太郎岡本斯文谷千生平瀬伊右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone