コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓脹症 こちょうしょう

2件 の用語解説(鼓脹症の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鼓脹症【こちょうしょう】

ウシ,ヒツジなどの反芻(はんすう)動物の家畜に起こる病気。青草などの発酵性飼料を過食した際,第一胃内にガスが膨満し反芻停止,呼吸困難などの症状を示すもの。胃洗浄,植物油やシリコンの内服による制酵・消泡,開腹による第一胃切開などを行う。
→関連項目放牧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こちょうしょう【鼓脹症 bloat】

ウシが,水分の多い牧草,収穫直後の穀物などを短時間のうちに摂取したり,発酵しやすい飼料や泡立ちやすい組成の牧草を多食すると,第1胃内で大量の炭酸ガスメタンガスなどが生産され,第1胃が拡張したり,第1胃内産生ガスを口内へ逆出する噯気(あいき)(げっぷ)の障害によって,ガスが蓄積する状態で,反芻(はんすう)停止,呼吸困難などの症状を示す。治療は胃洗浄,植物油やシリコンの内服による制酵・消泡,開腹による第1胃切開などを行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼓脹症の関連キーワード初穂湿性倉廩乏月マイロ実入り穀物肥育牧草肥育穀物自給率細胞外水分

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone