コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻の良性腫瘍(読み)はなのりょうせいしゅよう(英語表記)Benigne Tumor

家庭医学館の解説

はなのりょうせいしゅよう【鼻の良性腫瘍 Benigne Tumor】

 多くの腫瘍がありますが、頻度(ひんど)の高いのはつぎのような腫瘍です。
■乳頭腫(にゅうとうしゅ)
 鼻粘膜(びねんまく)の扁平上皮(へんぺいじょうひ)の乳頭状増殖(にゅうとうじょうぞうしょく)で、少しでも残存するとしばしば再発し、悪性化したり、一部にがんを認めたりすることがあります。
 鼻閉(びへい)(鼻づまり)が主症状で、鼻出血(びしゅっけつ)が出たりすることもありますが、まれです。
 表面が乳頭状の易出血性腫瘍で、起始(きし)部を含めて一かたまりとして全摘(ぜんてき)する必要があります。
■骨腫(こつしゅ)/線維性骨異形成(せんいせいこついけいせい)(症(しょう))
 骨腫は前頭洞(ぜんとうどう)に好発し、X線検査で境界鮮明な骨性陰影(こつせいいんえい)がみられます。
 線維性骨異形成は上顎骨(じょうがくこつ)に多く、顔面変形が主症状であり、X線検査で境界不明な陰影としてみられ、若い人に多く、発育期(15歳以上)を過ぎれば腫瘍の増大は止まることが多いものです。
■血管腫(けっかんしゅ)
 鼻中隔(びちゅうかく)、下鼻甲介(かびこうかい)に好発する茸(きのこ)状の出血しやすい腫瘍です。
 治療は、手術で腫瘍を摘出(てきしゅつ)します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる