鼻祖(読み)ビソ

デジタル大辞泉 「鼻祖」の意味・読み・例文・類語

び‐そ【鼻祖】

中国で、胎生動物はまず鼻から形作られるとされたところから》最初物事を始めた人。元祖がんそ始祖
[類語]元祖開祖始祖ルーツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鼻祖」の意味・読み・例文・類語

び‐そ【鼻祖】

  1. 〘 名詞 〙 ( 胎生動物は鼻からまず形をなすとされたところから ) ある物事を最初に始めた人。元祖。始祖。
    1. [初出の実例]「本朝禅宗之鼻祖。千光大士。創業于茲而居」(出典空華集(1359‐68頃)一一・十朋嘉会詩叙)
    2. 「院本作者の鼻祖(ヒソ)と仰がるる彼の近松門左衛門」(出典:朝日新聞‐明治一四年(1881)一一月一三日)
    3. [その他の文献]〔揚雄‐反離騒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「鼻祖」の読み・字形・画数・意味

【鼻祖】びそ

始祖。宋・劉克荘〔寄せて小孤山に題す、二首、一〕詩 耳孫嗜好(しかう)を同じうす 山を買うて、世を種(う)う

字通「鼻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android