鼻祖(読み)びそ

精選版 日本国語大辞典「鼻祖」の解説

び‐そ【鼻祖】

〘名〙 (胎生動物はからまず形をなすとされたところから) ある物事を最初に始めた人。元祖始祖
※空華集(1359‐68頃)一一・十朋嘉会叙「本朝禅宗之鼻。千光大士。創業于茲而居」
※朝日新聞‐明治一四年(1881)一一月一三日「院本作者の鼻祖(ヒソ)と仰がるる彼の近松門左衛門」 〔揚雄‐反離騒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鼻祖」の解説

び‐そ【鼻祖】

《中国で、胎生動物はまず鼻から形作られるとされたところから》最初に物事を始めた人。元祖がんそ。始祖。
[類語]元祖開祖始祖ルーツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「鼻祖」の解説

【鼻祖】びそ

始祖。劉克荘〔寄せて小孤山に題す、二首、一〕詩 耳孫嗜好(しかう)を同じうす 山を買うて、を種(う)う

字通「鼻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android