コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

200年住宅 200ねんじゅうたく/にひゃくねんじゅうたく

知恵蔵の解説

200年住宅

住宅の寿命を200年に引き延ばそうという議論が盛り上がっている。日本の住宅は平均すると約30年で建て替えが起こっており、欧米と比較すると極端に住宅の寿命が短くなっている。この建て替え期間を200年にすることを主な内容とした「200年住宅ビジョン」が2007年5月に自由民主党住宅土地調査会1(会長:福田康夫)から公表された。同年9月に福田内閣が誕生したこともあり、長期耐用住宅の認定制度、不動産取得税固定資産税軽減なども法制化が議論され始めている。国土交通省では08年度予算の重点的施策として、「超長期住宅先導的モデル事業の創設」「住宅の適切な維持管理・円滑な流通の確保等」「住宅の長寿命化・循環的利用を支える住宅金融の拡充」を掲げ、そのために100億円を超える額を計上している。民間のハウスメーカーでも長寿命住宅の開発に向けた取り組みを始めている。現時点では“200年”はシンボルだが、住宅を大切に長く使うことは地球環境への負荷の軽減にもつながり、今後も様々な議論が巻き起こっていくものと思われる。

(平井允 まちづくりプランナー / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

200年住宅

自民党の住宅土地調査会長を務めた福田前首相が提唱し、いいものを長く大切に使う「ストック型社会」への転換を理念にした政策。安全な暮らしや住宅取得に伴う国民負担の縮減、住宅関連の産業廃棄物削減などのメリットをうたう。11月に成立した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、登録免許税や不動産取得税、固定資産税の軽減、超長期住宅ローンなどの優遇措置が柱。

(2008-12-10 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

200年住宅の関連キーワード西川りゅうじん税額控除自民党

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

200年住宅の関連情報