A.A. フレンケル(英語表記)Abraham Adolf Fraenkel

20世紀西洋人名事典の解説

A.A. フレンケル
Abraham Adolf Fraenkel


1891.2.11 - 1965.10.5
イスラエルの数学者。
元・マールブルク大学教授。
ミュンヘン(ドイツ)生まれ。
集合論の研究で有名。ミュンヘン、マールブルクなどの大学で学び、1916年マールブルク大学講師、’22年同大学教授などを経て、’29年エルサレムのヘブライ大学で教鞭をとった。一価関数に対してその定義域が集合であれば、その値域もまた集合であるという第8番目の公理である置換公理を置いた。著書「集合論入門」(’19年)、「抽象集合論」(’53年)、「集合論の基礎」(’58年)など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android