A.H. ベックレル(英語表記)Antoine Henri Becquerel

20世紀西洋人名事典の解説

A.H. ベックレル
Antoine Henri Becquerel


1852.12.15 - 1908.8.25
フランスの物理学者。
元・理工科大学教授,元・科学アカデミー会長。
パリ生まれ。
理工科大学校で学び、1878年パリ自然史博物館に務め、1895年理工科大学教授。初期には光学的研究を主とし、1896年X線の発見に刺激され、1896年放射能を発見。この新放射線がウランとカリウムの硫酸複塩から自発的に出ていることを確認し、その効果がウラン元素そのものの作用であることを明らかにした。この新放射能は「ベクレル線」と名付けられ、その後、彼自身がこの線の電離作用を研究し、その一部がX線と異なることを確認。1903年、これらの業績によりキュリー夫妻と共にノーベル物理学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android