コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ACCS えーしーしーえす

6件 の用語解説(ACCSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ACCS

コンピューターソフトウェア著作権協会。1991年に設立された文部科学省管轄の社団法人コンピューターソフトウェアに関する著作権の保護を目的とする。特に企業内におけるソフトウェアの不正コピーの撲滅に力を注いでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐シー‐シー‐エス【ACCS】[Association of Copyright for Computer Software]

Association of Copyright for Computer Software一般社団法人コンピューターソフトウエア著作権協会。昭和60年(1985)ソフトウエア法的保護監視機構として設立。平成3年(1991)現名に改称。ソフトウエア・ゲームソフト・音楽・動画・電子書籍などのデジタル著作物についての保護および啓発・普及活動を進めている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アックス【ACCS】

エーシーシーエス。⇒エーシーシーエス

エーシーシーエス【ACCS】

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会。コンピューターのソフトウェア・音楽・映画・アニメーションなどのマルチメディア関係の著作物、電子出版物に関する知的財産権保護のための活動をしている。昭和60年(1985)にソフトウェア法的保護監視機構として設立。平成3年(1991)に現名称に変更。◇「Association of Copyright for Computer Software」から。「アックス」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ACCSの関連情報