コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトラス アトラス Atlās

翻訳|Atlās

2件 の用語解説(アトラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アトラス(Atlās)


(Atlās)ギリシャ神話で、巨人神の一。プロメテウスの兄弟。オリンポスの神々と戦って敗れ、世界の西の端で天空を双肩で支える罰を科せられた。大西洋(the Atlantic Ocean)の名もアトラスに由来する。
(Atlas)土星の第15衛星。1980年に発見。名はに由来。土星に3番目に近く、環のすぐ外側の軌道を公転する。非球形で平均直径は約30キロ。
(atlas)
地図帳。初期の地図書に天空を支えるアトラス像を載せたところからいう。
環椎(第一頸椎)。に由来。頭蓋骨を支えていることから。

アトラス【ATLAS】[A Toroidal LHC Apparatus]

A Toroidal LHC ApparatusCERNLHC加速器による陽子衝突実験に用いられる粒子検出器の一。LHCの地下トンネル上に設置されている。直径25メートル、長さ46メートル、総重量7000トン。2012年に質量を与える役割を果たすヒッグス粒子と思われる新たな粒子を発見し、翌年ほぼ確実にヒッグス粒子であることが確認された。さらに超対称性粒子など素粒子物理学標準模型を超える新しい素粒子の発見が期待されている。
[補説]実験は世界38か国の研究者で行われており、日本からは高エネルギー加速器研究機構KEK)や東京大学などが参加。LHCに、ATLASとは別の地点に同種の装置CMSが設置され、2012年にATLASと同じくヒッグス粒子と思われる新たな粒子を発見した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトラスの関連キーワードLHCAppストアAPPBACEβセクレターゼ平行六面体の法則Aḥmad Jazzār PaşaChāma Rāja IV《Chronologischthematisches Verzeichnis sämtlicher Tonwerke W.A.Mozarts》Sāmān Khudā

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アトラスの関連情報