B. テル・ハール(英語表記)Barend Ter Haar

20世紀西洋人名事典「B. テル・ハール」の解説

B. テル・ハール
Barend Ter Haar


1892 - 1941
オランダ慣習法学者,植民地司法官。
元・バタビア法律専門学校教授。
オランダの慣習法学者で、インドネシア各地の慣習を検討し、多数の法律制定に尽力した。1915年法学士の資格を取得し、’24年までジャワで植民地政府司法官として活躍。その後バタビア法律専門学校準教授と法務省官史を兼務する。’34年より慣習法の正教授となる。’40年ドイツ軍に捕らえられ、’41年ブッヒェンヴァルトの強制収容所病死

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android