コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BAM バム

世界大百科事典 第2版の解説

バム【BAM】

ロシア連邦東シベリア,極東を通る鉄道。バイカル・アムール鉄道Baikalo‐Amurskaya Magistral’の略。レナ川上流のウスチ・クートからニジネアンガルスク(バイカル湖北岸),ティンダ(シベリア鉄道のバム駅まで鉄道が通じている)を経てアムール川下流のコムソモリスク・ナ・アムーレまでの全長3145kmの鉄道線。1974年に着工され,84年レール敷設を完了した。シベリア開発が1950年代から本格化するにつれシベリア南部を東西に走るシベリア鉄道から支線が各所で北方にのびていったが,BAMの建設は,それらを連絡し,資源開発をより効果的にすすめようとのねらいをもち,レナ川流域の森林資源,バイカル湖北部の多種の鉱物資源,ウドカン地区の銅鉱など多様な開発が企図されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

BAMの関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナの要覧スイート・ホーム・アラバママーク フィッシャーバムとその文化的景観バンベルクのドーム聖アンナと聖母子バンベルク大聖堂マーク ライリー小さなカレンダーバンブーバッグウルバンバの谷ウルバンバ渓谷星降るアラバマスワジランドバームベーリつばめKFCバンボレオ竹総介殻虫竹節介殻虫マリ(国)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android