BAM(読み)バム

世界大百科事典 第2版の解説

バム【BAM】

ロシア連邦東シベリア,極東を通る鉄道。バイカル・アムール鉄道Baikalo‐Amurskaya Magistral’の略。レナ川上流のウスチ・クートからニジネアンガルスク(バイカル湖北岸),ティンダ(シベリア鉄道のバム駅まで鉄道が通じている)を経てアムール川下流のコムソモリスク・ナ・アムーレまでの全長3145kmの鉄道線。1974年に着工され,84年レール敷設を完了した。シベリア開発が1950年代から本格化するにつれシベリア南部を東西に走るシベリア鉄道から支線が各所で北方にのびていったが,BAMの建設は,それらを連絡し,資源開発をより効果的にすすめようとのねらいをもち,レナ川流域の森林資源,バイカル湖北部の多種の鉱物資源,ウドカン地区の銅鉱など多様な開発が企図されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BAMの関連情報