コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BT ビーティーBT

翻訳|BT

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ティー【BT】[British Telecommunications]

British Telecommunications》英国電気通信株式会社。1981年郵政公社の事業体として発足。1984年民営化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BT
びーてぃー

鱗翅(りんし)目幼虫(ガやチョウの幼虫で、俗に毛虫、イモムシ、シャクトリムシ、ハマキムシなどという)を軟化致死させる伝染病の病原細菌であるバチルス・チューリンゲンシスBacillus thuringensisの略語。天敵細菌の一種。アメリカでは牧草地のマメ科牧草を害するモンキチョウの防除に実用化されている。日本では、1947年(昭和22)アメリカシロヒトリの侵入以来、この毛虫の街路樹での防除用としてBTの輸入使用が検討されたが、養蚕地帯への蔓延(まんえん)を恐れて実用化が遅れた。現在はBTの生芽胞(せいがほう)を含む製剤(「ダイポール」「チューリサイド」など)と、生菌の産生する結晶毒素(約20個のアミノ酸からなるタンパク質を製剤化した「トアローCT水和剤」)が市販されている。BTは、1911年にドイツのチューリンゲンで発見されたが、その後の文献調査により、石渡繁胤(いしわたしげたね)(1868―1941)博士が1901年(明治34)にカイコの卒倒病の病原菌として分離し、バチルス・ソットーBacillus sottoと命名した菌と同一種であることが判明した。[村田道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

BTの関連キーワードコンピューターベーストレーニング美術館夢呂土・山本丘人記念館ランキン‐デュプレの蒸気圧式マイケル アームストロングピーター ボンフィールドウェブベーストレーニング米国議会図書館件名標目表イギリス電気通信株式会社行動ターゲティング広告ウルトラHDブルーレイバイオテクノロジー日本テレコム[株]遺伝子組み換え食品AT&T[会社]ベン ヴァヴェン害虫抵抗性作物プリマジェストパラメーターBT2020BTグループ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BTの関連情報