コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物農薬 せいぶつのうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物農薬
せいぶつのうやく

天敵や細菌など生物を使って害虫防除するもので,クワコナカイガラムシに寄生するクワコナコバチが農林水産省登録の第1号。農薬公害の心配はなく有望な害虫防除法であるが,問題は生産コストが高くつき市販価格が高いことと,生態系への影響である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

生物農薬【せいぶつのうやく】

生物的防除のために用いる生きた拮抗微生物,病原微生物天敵昆虫などの生物資材を農薬として製剤化したもの。BT剤などが実用化されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつのうやく【生物農薬 biotic pesticide】

農作物の病害虫をその天敵を利用して防除する方法を生物防除とよび,これを農薬として製剤化したものが生物農薬である。天敵昆虫を直接利用して害虫防除に成功した例として,イセリヤカイガラムシの天敵であるベダリヤテントウや,リンゴやナシの重要害虫であるクワコナカイガラムシの天敵クワコナカイガラヤドリバチなどの利用があげられるが,農薬のような形で利用されたものは必ずしも多くない。しかし昆虫の病原菌や病原ウイルスを利用したいわゆる微生物農薬はかなりの成功をおさめ,実用化されたものも少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいぶつのうやく【生物農薬】

害虫駆除のために、生物を用いること。害虫の天敵を利用した天敵農薬、ウイルス・細菌を利用した微生物農薬、性フェロモンを罠わなとして用いる製剤、不妊化した雌を放す方法など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物農薬
せいぶつのうやく

害虫の防除にあたって殺虫剤のかわりに撒布(さんぷ)する天敵をいい、化学農薬に対する術語。生物農薬の長所は、環境汚染がなく、抵抗性害虫の出現の可能性やほかの有用天敵に与える影響がほとんどない点で、短所は、害虫を有効に制御するには多くの要因が関与することと、大量生産と保存が商業ベースにのりにくいことがあげられる。現在、生物農薬として、クワコナカイガラムシの寄生バチであるクワカイガラヤドリバチ(商品名「クワコナコバチ」)と、マツカレハの多角体ウイルス(商品名「マツケミン」)があり、ヨーロッパやアメリカではオンシツツヤコバチ、カブリダニ、バチルス・チューリンゲンシスBacillus thuringiensis(商品名「BT剤」)などが市販されている。[森本 桂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生物農薬の言及

【農薬】より

…農薬取締法には,農薬とは,農作物(樹木および農林産物を含む)を害する菌,センチュウ,ダニ,昆虫,ネズミその他の動植物またはウイルスの防除に用いられる殺菌剤,殺虫剤,その他の薬剤,および農作物などの生理機能の増進または抑制に用いられる生長促進剤,発芽抑制剤その他の薬剤をいう,と記載されている。したがって,殺虫剤,殺菌剤,除草剤のほかに,殺線虫剤,殺ダニ剤,殺鼠(さつそ)剤,植物生長調節剤など,さらには不妊剤,誘引剤,忌避剤,生物農薬などの新しいタイプの害虫防除剤も農薬に含まれることになる。また農業害虫以外のカ,ハエ,ゴキブリ,シラミ,ノミなどの衛生害虫の防除に用いられる薬剤も農薬と呼んでいる。…

※「生物農薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生物農薬の関連キーワード性フェロモンBT 殺虫剤灰色かび病カブトエビカブリダニコナジラミ害虫駆除卒倒病膜翅類病虫害BTダニ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物農薬の関連情報