コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CO法 シーオーホウ

2件 の用語解説(CO法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シーオー‐ほう〔‐ハフ〕【CO法】

炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法炭鉱災害一酸化炭素中毒症にかかった労働者に対して特別の保護措置を講じ、炭鉱労働者の福祉の増進を目的とする。昭和42年(1967)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

CO法【シーオーほう】

〈炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法〉(1967年)の略称。1963年の三池炭鉱爆発を契機に制定。被災後2年間の健康診断を義務づけ,使用者には被災労働者の差別待遇の禁止,作業転換・時間短縮等を定め,政府による介護料(特別の看護に要する費用)の支給,リハビリテーション施設の整備等を規定する。
→関連項目一酸化炭素中毒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

CO法の関連キーワード一酸化炭素中毒酸化炭素一酸化炭素ヘモグロビンフッ素中毒パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故金子嗣郎一酸化炭素変成反応二硫化炭素中毒慢性一酸化炭素中毒四塩化炭素中毒 (carbon tetrachloride poisoning)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CO法の関連情報