コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSMA/CA しーえすえむえーしーえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSMA/CA

Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance(搬送波感知多重アクセス/衝突回避)の略。無線LANで用いられているアクセス制御方式。通信媒体に電波を使う無線LANでは、有線LANのアクセス制御方式であるCSMA/CDのように信号の衝突を電圧の変化で検出できない。そこで、信号の衝突を検出するのではなく、なるべく衝突しないように「回避」する方式になっている。CSMA/CAでは、信号を送信しようとする端末が、フレームの送信に先立って送信される同期を取るための信号を利用して電波が使われていないかどうかを検出する。信号を検出したときは、これが途切れるまで待つ。信号が途切れると、一定時間を経過した後に最初に信号を送信できた端末が信号送出権を得る。どの端末にも信号送出権が平等に回るように、待ち時間はランダムに設定される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

CSMA/CAの関連キーワードIEEE802.11SWAP

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android