コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVD+R ディーブイディープラスアールDVD+R

パソコンで困ったときに開く本の解説

DVD+R

DVD-Rと同様に書き込み可能なDVDDVD+RWの技術を利用して作ったものです。片面2層方式のディスクもあり、書き込みに対応するスーパーマルチドライブなどを使うことで、1枚のディスクに8・5GBのデータを記録できます。
⇨DVD、DVD-R、DVD+RW、片面2層

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーブイディープラスアール【DVD+R】

DVD+RWアライアンスが策定した、一度だけ書き込みが可能なDVD規格。DVDフォーラムが標準化したDVD-Rとは規格が異なる。国内ではDVD-Rが広く利用されているが、海外ではDVD+Rのほうがシェアが高い。記憶容量は直径12cmの場合、片面1層で4.7GB。◇正式名称は「plus R」。派生規格のDVD+R DLは片面2層で8.5GB。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

DVD+Rの関連キーワードディーブイディープラスアールダブリューアライアンスDVDハイパーマルチドライブDVDスーパーマルチドライブDVD+VR対応メディアDVDマルチドライブDVD フォーラムDVDリライタブルMac mini2層記録DVDDVD相変化記録方式二層記録DVDコンボドライブ記録型DVDDVD+VRDVDDVDRWDVDR

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android