コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DVD+R ディーブイディープラスアール DVD+R

3件 の用語解説(DVD+Rの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディーブイディー‐プラス‐アール【DVD+R】[digital versatile disk recordable]

digital versatile disk recordable》DVD規格の一。データを一度だけ記録できる追記型のもの。DVD-Rとは互換性を持たない。→ディーブイディー(DVD)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

DVD+R

DVD-Rと同様に書き込み可能なDVDDVD+RWの技術を利用して作ったものです。片面2層方式のディスクもあり、書き込みに対応するスーパーマルチドライブなどを使うことで、1枚のディスクに8・5GBのデータを記録できます。
⇨DVD、DVD-RDVD+RW、片面2層

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ディーブイディープラスアール【DVD+R】

DVD+RWアライアンスが策定した、一度だけ書き込みが可能なDVD規格。DVDフォーラムが標準化したDVD-Rとは規格が異なる。国内ではDVD-Rが広く利用されているが、海外ではDVD+Rのほうがシェアが高い。記憶容量は直径12cmの場合、片面1層で4.7GB。◇正式名称は「plus R」。派生規格のDVD+R DLは片面2層で8.5GB。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DVD+Rの関連キーワードコンボドライブスーパーマルチドライブIMクライアントDVDスーパーマルチドライブDVDハイパーマルチドライブデジタルリビングネットワークアライアンスノンコンプライアンスビジネスソフトウエアアライアンス航空連合

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DVD+Rの関連情報