コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DaaS ダース DaaS

5件 の用語解説(DaaSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダース【DaaS】[desktop as a service]

desktop as a service》インターネットを経由して、デスクトップの利用環境を提供するクラウドコンピューティングサービスの一つ。会社、外出先、在宅勤務においても、端末を問わず、仮想的に同じ作業環境を共有できる。サービスとしてのデスクトップ。デスクトップ‐アズ‐ア‐サービス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ダース

森永製菓株式会社が販売するチョコレートの商品名。一口サイズのチョコレート。「ミルク」「ビター」「白いダース」のほかに、「ダースプレミアム」「ミント」など期間限定商品もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ダース【dozen】

同一種類の物品12個を1組として数えるときの単位。英語に由来し,この単位を用いるときは,例えば鉛筆1ダースというように,物品を特定しなければならない。この場合,ダースは〈物の数〉の単位になるが,英語では純粋な数の12として用いる場合もある。12ダースをグロスともいう。【三宅 史】

ダース【Deśabandhu Chitta Ranjan Dās】

1870‐1925
ベンガル出身のインド民族運動の指導者。〈デーシュバンドゥ(国の友)〉と称された。1894年イギリス弁護士の資格をとり,帰国後カルカッタ高裁で活躍。1908年のアリポール爆撃事件でオーロビンドゴーシュの弁護をつとめて有名となる。17年以降は国民会議派の民族運動に積極的に参加し,22年の国民会議派ガヤー大会では議長をつとめる。しかし19年インド統治法下の州立法参事会への参加をめぐってガンディー派と対立し,〈参事会内からの非協力〉を主張して議会闘争の必要を説き,モーティラール・ネルーらと〈スワラージ(独立)党Swarāj Party〉を結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

DaaSの関連キーワードティラクトガンパールボースベンガル分割令マハトマ民族運動ミントーバサナビチュスラクシュミー・バーイー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DaaSの関連情報