E. ロッド(英語表記)Édouard Rod

20世紀西洋人名事典の解説


1857 - 1910
スイスの小説家。
元・ジュネーヴ大学教授。
1878年パリに出てゾラ崇拝、自然主義派の小説家としてデビュー。1886〜1893年ジュネーヴ大学比較文学およびフランス文学史教授を務め、1893年より再びパリに出て小説・文学批評を書く。戯曲「改革者」(1906年)はウーヴル座で脚光を浴びた。その他の代表作に「への道程」(1885年)、「生命意義」(1889年)、「ミシェル・テシエの私生活」(1893年)などがある。モラリスト的小説家。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android