E. ロッド(英語表記)Édouard Rod

20世紀西洋人名事典の解説


1857 - 1910
スイスの小説家。
元・ジュネーヴ大学教授。
1878年パリに出てゾラ崇拝、自然主義派の小説家としてデビュー。1886〜1893年ジュネーヴ大学比較文学およびフランス文学史教授を務め、1893年より再びパリに出て小説・文学批評を書く。戯曲「改革者」(1906年)はウーヴル座で脚光を浴びた。その他の代表作に「への道程」(1885年)、「生命意義」(1889年)、「ミシェル・テシエの私生活」(1893年)などがある。モラリスト的小説家。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android