コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECSC イーシーエスシーECSC

デジタル大辞泉の解説

イー‐シー‐エス‐シー【ECSC】[European Coal and Steel Community]

European Coal and Steel Community》欧州石炭鉄鋼共同体。フランス・西ドイツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの6か国が1952年に設立した経済協力機関。石炭および鉄鋼の生産・価格・労働条件などの共同管理を目的とする。58年発足のEECの母体となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ECSC【イーシーエスシー】

ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ECSC
イーシーエスシー

ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ECSC
いーしーえすしー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のECSCの言及

【関税同盟】より

…世界経済に大きな影響をもつ関税同盟が発足するのは,第2次大戦後である。1952年には,フランス,西ドイツ,イタリア,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクの6ヵ国によって,ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)が設立され,58年までにはECSC内の鉄鋼関税は撤廃され対外関税の調整も完了する。それよりも以前の1948年に,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクの3国によって結成された〈ベネルクス関税同盟〉は,58年には〈ベネルクス経済同盟〉に発展していった。…

【国際統合】より

…モネは,連合国によるドイツ占領終了後にドイツ,フランス間紛争の一因となると懸念されていた,ライン地方の炭田および鉄鋼業の管理権の帰属につき,これを独立したヨーロッパの超国家的機関にゆだねることを提案した。この提案はドイツ,フランス,イタリアおよびベネルクス三国に受けいれられ,結局,これら6ヵ国地域内の石炭・鉄鋼の管理を行うヨーロッパ石炭鉄鋼共同体ECSCが1952年に設立された。モネは当初このような超国家的機関が徐々に機能を拡大し,また加盟国も増やすことによって,究極的には連邦主義者のめざしていたような〈ヨーロッパ連邦〉が成立することを期待していた。…

【鉄鋼業】より

…西ドイツ,イタリアなどの敗戦国では,設備の破壊・撤去がなされていたが,1948年以来,マーシャル・プランによりアメリカの新鋭設備が導入され,設備の近代化・更新が進んだ。そして,1952年には,西ドイツ,フランス,イタリア,ベルギー,オランダ,ルクセンブルクの6ヵ国によりヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)が結成され,鉄鉱石,鉄屑,石炭,鉄鋼の域内関税が廃止され,広大な共同市場が開設された。そのもとで,各国の鉄鋼業はそれぞれの形態で集中を進めた。…

【ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体】より

…発足は52年。ECSCと略称する。当時のフランス外相R.シューマンが提唱者であったため,〈シューマン・プラン〉の名でも呼ばれる。…

※「ECSC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ECSCの関連キーワードスパーク(Paul Henri Spaak)ヨーロッパ連合司法裁判所ヨーロッパ原子力共同体ヨーロッパ経済共同体ヨーロッパ市場統合欧州石炭鉄鋼共同体シューマン・プランイギリスのEU離脱英国とEUの関係ヨーロッパ共同体チンデマンス計画シューマンプランダビニョン計画ヨーロッパ連合EURATOMデ・ガスペリマンスホルト炭鉱国有化欧州委員会シューマン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ECSCの関連情報