コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EHF イーエッチエフEHF

翻訳|EHF

デジタル大辞泉の解説

イー‐エッチ‐エフ【EHF】[extremely high frequency]

extremely high frequency》⇒ミリ波

イー‐エッチ‐エフ【EHF】[Ebola hemorrhagic fever]

Ebola hemorrhagic fever》⇒エボラ出血熱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

EHF

〖extremely high frequency〗
波長 1~10mm(周波数 30~300GHz)の電波。水蒸気や空気で吸収・散乱が起こり、赤外線とほとんど同じ性質をもつ。ミリメートル波。ミリ波。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

EHF
イーエイチエフ

ミリ波」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

EHF
いーえいちえふ

extremely high frequencyの略称。国際電気通信連合(ITU)憲章に付属する無線通信規則に定められている周波数区分の一つで、その範囲は30ギガヘルツを超え、300ギガヘルツ以下の周波数帯をいう。波長で表せば、1センチメートルから1ミリメートルの範囲の波長帯をいい、ミリ波(ミリメートル波)に区分される。
 この周波数帯になると、赤外線の性質に近づいてくるので、取扱いもそう容易ではない。通信の媒体とするよりも、この周波数帯の電波を自然放射している物体の性質をリモート・センシング(遠隔探査)するような目的に使用されることが多くなる。たとえば、電波天文学、地球観測衛星、簡易無線、特殊レーダー装置などである。[石島 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のEHFの言及

【ミリ波】より

…波長が1mmから10mmまでの範囲の電波,すなわち周波数で30~300GHzの範囲の電波をいう。公式の呼称はEHF(extremely high frequencyの略)である。ほとんど光と同様の性質を有するようになり,直進するとともに霧や雨の減衰が著しくなる。…

【ミリ波】より

…波長が1mmから10mmまでの範囲の電波,すなわち周波数で30~300GHzの範囲の電波をいう。公式の呼称はEHF(extremely high frequencyの略)である。ほとんど光と同様の性質を有するようになり,直進するとともに霧や雨の減衰が著しくなる。…

※「EHF」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

EHFの関連キーワードextremely high frequencyβメラノトロピンウェルフリンマイクロ波

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android