コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁電管 じでんかん magnetron

翻訳|magnetron

5件 の用語解説(磁電管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁電管
じでんかん
magnetron

電子流の制御に磁場と電場を併用するマイクロ波発生用の電子管マグネトロンともいう。線状の熱陰極と円筒形の陽極を同軸に配置して,軸方向に磁場を加える。臨界磁場以上になると,陰極から出た電子は陽極との間の空間を回転して,高周波電気振動を発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じでん‐かん〔‐クワン〕【磁電管】

マグネトロン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磁電管【じでんかん】

マグネトロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じでんかん【磁電管】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁電管
じでんかん

マイクロ波を発生させる電子管。マグネトロンmagnetronともいう。円筒形の陽極と、その円筒の同心軸を陰極とし、軸方向に一様な磁場を加えたもので、陰極から放出された電子のサイクロイド運動により電磁波を発生させる。1921年にアメリカのA・W・ハルが提案し、37年(昭和12)に岡部金治郎が陽極を多分割することにより実現した。第二次世界大戦中アメリカでレーダー用として陽極の構造に種々改善がなされ、今日の形にまで進展した。
 陽極は高周波損失が少なく、熱伝導性のよい銅ブロックでつくられ、ブロック内に溝付きの共振空胴がうがたれており、その形によって旭日(きょくじつ)形(Sunrise)、交互短絡梅鉢形(strapped Sunrise)などとよばれた。陰極から放出された電子は、管内をサイクロイド運動をするが、ある磁界では陽極に達せず周回し、空胴の溝の近くを通るとき、空胴と共振する電波を発生し、円周上に電場の定在波(定常波)をつくる。この定在波は互いに逆方向に進む進行波の合成と考えることができるので、進行波の速度と電子流の速度が一致すると、陽極の分割数の半数の電子群による電子極が形成される。このとき、電子は、誘導により直流源で与えられたエネルギーを回路に与え、速度を減ずるとともに陽極に達しながら持続的なマイクロ波を発生する。磁電管は、電子レンジに使われる数百ワットの連続発振用のものから、レーダーなどのパルス発生用の数百万ワットのものがあり、波長が2~3ミリメートルのミリ波用のものもある。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の磁電管の言及

【マグネトロン】より

…磁電管ともいう。1921年アメリカのハルA.W.Hull(1880‐1966)が発明,その後岡部金次郎により発展させられた。…

※「磁電管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁電管の関連キーワード反磁場光電磁効果ベータトロン隠しマイク負の制御アズベル‐カーナー効果ネルンスト効果(電流磁気効果)ハイゼンベルク‐パウリの方法ローレンツの分子電場長鞭 (driving whip)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone