コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F層 エフそうF-layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

F層
エフそう
F-layer

地上 140~400kmにある電離層。高度 250km付近に電子密度が極大の層がある。成因は酸素原子,酸素分子,窒素分子の太陽放射線(極遠紫外部)による光電離である。おもに短波を反射する。日中,140~200kmに F1層が,300kmに F2層が形成され,夜間には合併して 300~400kmで F層となる。最大電子密度は 1cm3あたり 106個程度であるが季節や日時によって複雑に変化する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エフ‐そう【F層】

地上から約130キロ以上の高さにある電離層。酸素原子Oと窒素分子N2紫外線によって電離されたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

F層【エフそう】

電離圏のF領域に存在する電離層。F1層とF2層に分かれる。F1層は平均の高さ170km,最大電子密度は毎cm3に2.5×105個。
→関連項目アップルトン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

F層の関連キーワード高血圧症マツコ・デラックス簡易裁判所清水爽香池田あやこ東洲斎写楽赤ちゃんの世話蔵の華がら札ヒギヌス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone