コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F層 エフそうF-layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

F層
エフそう
F-layer

地上 140~400kmにある電離層。高度 250km付近に電子密度が極大の層がある。成因は酸素原子,酸素分子,窒素分子の太陽放射線(極遠紫外部)による光電離である。おもに短波を反射する。日中,140~200kmに F1層が,300kmに F2層が形成され,夜間には合併して 300~400kmで F層となる。最大電子密度は 1cm3あたり 106個程度であるが季節や日時によって複雑に変化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エフ‐そう【F層】

地上から約130キロ以上の高さにある電離層。酸素原子Oと窒素分子N2紫外線によって電離されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

F層【エフそう】

電離圏のF領域に存在する電離層。F1層とF2層に分かれる。F1層は平均の高さ170km,最大電子密度は毎cm3に2.5×105個。
→関連項目アップルトン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

F層の関連キーワードアップルトン(Sir Edward Victor Appleton)ノース・フィールド・ガス田短波放送電離層嵐電離圏F2層ラジオF1層大気O層地上D層夜間中波

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

F層の関連情報