コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FDG

1件 の用語解説(FDGの意味・用語解説を検索)

PET検査用語集の解説

FDG

PET検査のため人体に投与する薬剤のこと。正確には18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)と呼び、グルコースに放射能を出す成分(ポジトロン核種)を組み込んだものです。具体的にはグルコースの水酸基のひとつをポジトロン核種「18-F」に置き換えた構造となっています。FDGはポジトロン核種を組みこんだ化合物のなかでも、PET検査で最もよく使われています。FDG以外にも検査の目的にあわせて、様々な化合物を使うことがあります。(例えば、FDGと同じ18Fを組み込んだ18F-フルオロドーパ(脳内伝達物質)、「酸素」や「水」の水酸基のひとつを15Oに置換したもの、「酢酸」や「アンモニア」を使うものなどがあります。)いずれも人体に必要な成分に放射線を出すポジトロン核種が組み込まれていて、成分に応じて体内に分布します。18-Fの半減期(放射能が半分にまで減る時間)は約110分で、丸一日も経つとほとんど完全になくなってしまいます。人体に影響はありませんが、薬剤としての寿命が大変短いため、PET検査施設で当日つくられて、できたてのものを検査に用います。

出典|PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FDGの関連キーワード禁忌緩下剤利尿誤投与レジメン経口投与沈痛剤RI検査隠蔽剤 (masking agents)再検査 (retesting)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FDGの関連情報