G. フォワシイ(英語表記)Guy Foissy

20世紀西洋人名事典の解説

G. フォワシイ
Guy Foissy


1932 -
フランスの劇作家。
アフリカダカール生まれ。
アフリカのダカールで生まれ、1948年パリに出る。職業を転々としながら戯曲を書き始め’56年処女作「サラカナ」をユシェット座で上演するが認められず、’60年からブルゴーニュの地方劇団で活動。’65年スイスで初演の「関節炎」、同年パリのペリネッティで上演の「事件」で注目を浴び、’71年コメディ・フランセーズ上演の「相寄る魂」で名声を獲得、約50編の戯曲を書く。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android