G.E. モリソン(英語表記)George Ernest Morrison

20世紀西洋人名事典の解説


1862.2.4 - 1920.5.30
新聞記者。
元・中華民国総統府政治顧問。
ギーセン(オーストリア)生まれ。
医師を経て、1895年英国紙「タイムズ」の通信員となり、インドシナやシャムで活躍する。1897年北京特派員に転じ、精力的な活動と政治判断の的確さで北京の外国人社会に勢力をふるい、中華民国成立後、中華民国総統府政治顧問に就任し、第一次大戦のパリ講和会議に中国代表顧問を務める。又、極東に関するヨーロッパ語文献を収集し、私財を投じてモリソン文庫集する。著書に「An Austrian in China」(1895年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android