コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GTP結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

GTP結合タンパク質

 グアノシンヌクレオチド調節タンパク質ともいう.GTPと結合するタンパク質の総称であるが,生体の多くの反応で重要な機能を果たしている.(1) タンパク質合成の翻訳過程において,ペプチド鎖延長因子として働くタンパク質.(2) グルカゴンエピネフリンレセプターと連携して細胞の信号伝達に関与するタンパク質(Gタンパク質),その他がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

GTP結合タンパク質の関連キーワードグアニンヌクレオチド結合タンパク質トランスデューシン細胞内情報伝達機構上代淑人

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android