コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GTR法 ジーティーアールホウ

デジタル大辞泉の解説

ジーティーアール‐ほう〔‐ハフ〕【GTR法】

《GTRは、guided tissue regenerationの略》重度の歯周病によって破壊された歯槽骨歯根膜を再生させる手術。歯周ポケットに入り込んで歯根に付着した歯石や細菌を取り除き、その空洞をメンブレンという膜で覆う。この膜によって空洞に歯肉が入り込んで定着するのを防ぎ、歯を支える本来の機能をもつ歯槽骨・歯根膜・セメント質が再生される。1980年代にスウェーデンで臨床応用が始まり、日本では1990年代に普及。歯周組織再生誘導法
[補説]平成20年(2008)から公的医療保険の適用対象となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

GTR法の関連キーワードミサイルMichiruリンパ節歯周組織再生誘導法いすゞベレット1600GT PR90型スティーブ ハウスティーブ ハケットAGMGMTOW

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GTR法の関連情報