歯周病(読み)ししゅうびょう(英語表記)periodontal diseases

食の医学館の解説

ししゅうびょう【歯周病】

《どんな病気か?》


〈歯垢の中の細菌が原因で歯ぐきに炎症が起こる〉
 歯周病(ししゅうびょう)は、かつて歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたものです。歯ぐきに炎症が起こって血や膿(うみ)がたまり、歯を支えている組織が少しずつこわされていく病気で、原因は歯垢(しこう)(プラーク)の中の細菌です。
 初期には痛みを感じないため、気づいたときにはかなり病状が進行しているケースが多く、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
 また、歯周病があると、歯周病菌に対抗する白血球が歯周ポケットの中に集まります。そのときに白血球から放出される「サイトカイン」や「プロスタグランジン」などの生理活性物質が同時に増加します。すると、それらが血液中に広がり、心臓や肺、子宮などの臓器に悪影響を与えると考えられています。

《関連する食品》


〈カルシウム、ビタミンDを含む食品をとる〉
○栄養成分としての働きから
 歯周病の原因の1つとして、歯の硬組織をつくるリンの不足が指摘されていますが、リンはほとんどの食品に含まれているため、不足の心配はありません。むしろリンが正常に働くためのカルシウムの不足が問題となります。
 カルシウムを多く含む食品は、ワカサギやシシャモといった小魚や海藻、ダイズ、ブロッコリー、ゴマ、青菜、牛乳およびヨーグルト、チーズなどの乳製品があげられます。
 これらカルシウムの多い食品と、カルシウムの腸からの吸収を助けるビタミンDを多く含むサケ、カジキ、サンマ、サバなどの魚類を合わせて食べるようにしましょう。
 健康な歯ぐきを形成するために、コラーゲンの生成に必要なビタミンCをとることもたいせつです。青菜類やブロッコリー、芽キャベツ、パセリ、イモ類などを積極的にとりましょう。
 歯ぐきから血がでるときには、止血作用の高いビタミンKを含んでいる納豆、コマツナなどの青菜、抹茶などが効果的です。

出典 小学館食の医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

ししゅうびょう【歯周病】

歯周組織に起きる病変の総称。歯肉炎・歯周炎など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯周病の関連情報