歯石(読み)しせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「歯石」の解説

歯石
しせき

および義歯などの表面に堆積(たいせき)する硬い物質をいう。歯石は血清または唾液(だえき)中の無機塩類が沈着して、歯垢(しこう)が石灰化することによって形成される。形成初期の歯石は軟らかいが、古くなると無機質の含有量を増して硬くなる。歯石は歯垢と並んで歯肉炎または歯周炎の有力な原因である。歯石中の無機質はリン酸カルシウム75.97%、炭酸カルシウム3.17%、リン酸マグネシウム3.77%であり、有機質はタンパク質8.34%、脂肪2.71%、水分その他6.04%となっている。歯石は堆積する場所によって歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とに分けられるが、化学的組成はほぼ同じである。歯肉縁上歯石は、歯肉の辺縁より上部(歯冠部)に堆積する帯黄白色の歯石で、直接観察することができる。歯肉縁下歯石は、歯周炎によって歯肉が歯の表面から剥離(はくり)したために形成される「すきま」(歯周ポケット)の歯根表面に堆積する黒褐白の歯石で、歯肉縁上歯石より硬く、また強固に付着している。

[加藤伊八]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「歯石」の解説

歯石
しせき
dental calculus

唾液中の無機塩類が歯の表面に沈着したもの。歯の表面の歯垢 (歯苔ともいう) は本来,非石灰性のものであるが,これが石灰化されて歯石の母体となる。歯石は大唾液腺の排泄管開口部付近の歯 (下顎前歯上顎小・大臼歯) に多くみられる。歯肉ポケット内に沈着した歯石は除きにくく,歯肉を刺激して歯肉炎,ひいては歯周炎を起し悪化させる。歯石を除去するには,スケーラー (歯石除去器具) を用いて機械的に清掃する。超音波を利用した歯石除去装置もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「歯石」の解説

歯石【しせき】

唾液(だえき)中の無機塩類が歯の表面に沈着したもの。歯肉縁下の歯根面に沈着したものは堅く除去が困難で,歯槽膿漏(しそうのうろう)の重要な因子。沈着の程度は歯の清掃度によるが,年1〜2回の除去が必要である。
→関連項目結石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「歯石」の解説

し‐せき【歯石】

〘名〙 歯の表面に異物が付着してできた堅い石状の付着物。食べかすや微生物などが堆積し、そこに唾液中のリンとカルシウムが沈着してできる。リンとカルシウムが沈着していない柔らかい付着物を歯垢(しこう)という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「歯石」の解説

歯石

 歯の表面に沈着するカルシウムを含む物質.主にリン酸カルシウム.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「歯石」の解説

しせき【歯石 dental calculus】

歯垢が長期間のうちに石灰化したもの。下顎の前歯の内側,上顎の臼歯外側に沈着しやすい。口腔に露出している歯面に付着している歯石は,淡黄色ないし黄褐色を呈していることが多いが,まれに黒緑色ないし黒色を呈する歯石が付着していることがある。このような黒い歯石は〈血石〉ともいわれ,歯肉に炎症のある場所の歯根面に付着していることが多く,出血した血液滲出液と関連があると考えられている。歯石は,歯肉との境界部の歯面に付着することが多く,長い年月の間には歯肉辺縁を覆うまでに増大することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の歯石の言及

【歯】より

…歯垢のもとは,口の中に常在するある種の細菌が活発に代謝する結果つくられるので,菌の栄養源となる砂糖の摂取を控え,また節度のあるとり方が必要である。(3)歯垢や歯石をこまめに除く。歯石は歯垢に石灰塩が沈着してできる。…

※「歯石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android