H. ホップ(英語表記)Heinz Hopf

20世紀西洋人名事典の解説

H. ホップ
Heinz Hopf


1894.11.19 - 1971.6.3
スイスの数学者。
元・チューリヒ工科大学教授,元・国際数学連合代表。
ブレスラウ(ドイツ,現ポーランド領ブロツワフ)生まれ。
第一次大戦中ドイツ軍に服務。その後、ベルリン、ハイデルベルクゲッティンゲン各大学で学ぶ。1931〜65年H.ワイルの後継者としてチューリヒ工科大学教授を務める。ホモロジーホモトピーに関する基礎的な業績があり、代数的位相幾何学の発展に寄与。又、リーマン空間の微分幾何学的構造と位相的構造の関連を研究。大域的微分幾何学を開拓する。著書にアレクサンドロフとの共著で、位相幾何学の古典として名高い「トポロジーⅠ」(’35年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android