コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

H. ホップ Heinz Hopf

20世紀西洋人名事典の解説

H. ホップ
Heinz Hopf


1894.11.19 - 1971.6.3
スイスの数学者。
元・チューリヒ工科大学教授,元・国際数学連合代表。
ブレスラウ(ドイツ,現ポーランド領ブロツワフ)生まれ。
第一次大戦中ドイツ軍に服務。その後、ベルリン、ハイデルベルクゲッティンゲン各大学で学ぶ。1931〜65年H.ワイルの後継者としてチューリヒ工科大学教授を務める。ホモロジーホモトピーに関する基礎的な業績があり、代数的位相幾何学の発展に寄与。又、リーマン空間の微分幾何学的構造と位相的構造の関連を研究。大域的微分幾何学を開拓する。著書にアレクサンドロフとの共著で、位相幾何学の古典として名高い「トポロジーⅠ」(’35年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

H. ホップの関連キーワードオレンジ川ウィーナー中谷水嶺ジガバチホップ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android