HDCP(読み)えいちでぃーしーぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HDCP

インテルによって開発されたデジタル画像信号を暗号化する方式で、High-bandwidth Digital Content Protectionの略。デジタルコンテンツの不正コピーを防ぐことを目的とした著作権保護システム。HDCP対応のDVI端子から出力された映像や音声は暗号化され、これを正しく再生するには入力側もHDCPに対応した端子を装備している必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

HDCP

HDMIで採用されているコピー防止技術で、映像再生機器とディスプレイやAVアンプなどとの間で送受信される映像や音声のデジタル信号を暗号化する規格です。地上デジタル放送対応のDVDレコーダーやBlu-ray、対応するパソコンなどで利用されます。信号を送受信する両方がHDCPに対応している必要があります。
⇨HDMI

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐ディー‐シー‐ピー【HDCP】[high-bandwidth digital content protection]

High-bandwidth Digital Content Protection》デジタル対応のテレビやAV機器など、デジタル家電で使われる著作権保護技術の一。HDMI規格のインターフェースを経由するデジタル画像信号の暗号化に用いられる。ブルーレイディスク相当の画質に対応するHDCP1.44K相当の高画質に対応するHDCP2.2がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HDCP
えいちでぃーしーぴー

High-bandwidth Digital Content Protection Systemの略語。デジタルコンテンツの著作権を保護するための技術の一つ。再生機器と表示機器間を暗号化することで、出力映像の不正コピーを防止する。
 パソコンからディスプレーへ伝送される信号がデジタル化されたことで、再生された高精細な映像データの完全デジタルコピーが可能となった。それに対して、著作権保護の観点からこの経路の暗号化が求められ、アメリカのインテル社などによって開発された技術である。公開鍵(こうかいかぎ)暗号方式を採用している。パソコンとディスプレーを接続する標準規格の一つであるDVI(Digital Visual Interface)に採用された。その後、HDTV(高精細度テレビ)とデジタルAV機器をつなぐ規格で、DVIをベースとするHDMI(High-Definition Multimedia Interface)にも採用された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android