コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HDCP えいちでぃーしーぴー

4件 の用語解説(HDCPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HDCP

インテルによって開発されたデジタル画像信号を暗号化する方式で、High-bandwidth Digital Content Protectionの略。デジタルコンテンツの不正コピーを防ぐことを目的とした著作権保護システムHDCP対応のDVI端子から出力された映像や音声は暗号化され、これを正しく再生するには入力側もHDCPに対応した端子を装備している必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

HDCP

HDMIで採用されているコピー防止技術で、映像再生機器とディスプレイやAVアンプなどとの間で送受信される映像や音声のデジタル信号を暗号化する規格です。地上デジタル放送対応のDVDレコーダーBlu-ray、対応するパソコンなどで利用されます。信号を送受信する両方がHDCPに対応している必要があります。
⇨HDMI

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐ディー‐シー‐ピー【HDCP】[high-bandwidth digital content protection]

high-bandwidth digital content protection》デジタル対応のテレビやAV機器などの、デジタル家電で使われる著作権保護技術の一。HDMI規格のインターフェースを経由するデジタル画像信号の暗号化に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HDCP
えいちでぃーしーぴー

High-bandwidth Digital Content Protection Systemの略語。デジタルコンテンツの著作権を保護するための技術の一つ。再生機器と表示機器間を暗号化することで、出力映像の不正コピーを防止する。
 パソコンからディスプレーへ伝送される信号がデジタル化されたことで、再生された高精細な映像データの完全デジタルコピーが可能となった。それに対して、著作権保護の観点からこの経路の暗号化が求められ、アメリカのインテル社などによって開発された技術である。公開鍵(こうかいかぎ)暗号方式を採用している。パソコンとディスプレーを接続する標準規格の一つであるDVI(Digital Visual Interface)に採用された。その後、HDTV(高精細度テレビ)とデジタルAV機器をつなぐ規格で、DVIをベースとするHDMI(High-Definition Multimedia Interface)にも採用された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HDCPの関連キーワードDTCPデジタルコンテンツデジタル時計デジタル画像デジタルサウンドデジタル写真デジタル通信デジタルTVデジタル認証地デジ放送を見るには

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

HDCPの関連情報