コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HSUPA エッチエスユーピーエーHSUPA

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐エス‐ユー‐ピー‐エー【HSUPA】[high-speed uplink packet access]

high-speed uplink packet access第三世代携帯電話の通信方式を改良した高速データ通信の規格の一。第三・五世代移動通信システムに位置づけられる。上り方向の最大通信速度は約5.7Mbps。下り方向の高速データ通信規格HSDPAと合わせてHSPAとよばれる。EUL(enhanced uplink)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エイチエスユーピーエー【HSUPA】

第3世代携帯電話の通信方式のひとつであるW-CDMAを拡張した高速データ通信規格。通信端末から基地局への上り方向の規格で、最大通信速度は5.76Mbps。下り方向の高速化を担うHSDPAと合わせてHSPAと総称される。◇「high speed uplink packet access」の頭文字から。「EUL」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android