IFTTT(読み)いふと

知恵蔵の解説

スマートフォン上のアプリやインターネット上のサービス等を連携させ、一連の作業を自動化するサービス。2010年12月にサービスが開始された。運営する会社は、米サンフランシスコにあり、社名はサービスと同じIFTTT。代表はLinden Tibbets(リンデン・チベッツ)。
IFTTTは、「If This Then That」の略。あるアプリやサービスで特定の操作を行ったり、ある条件を満たしたりすれば、別のアプリやサービスが起動するなどといったような、アプリやサービスの連携利用を意味する。
IFTTTでは、FacebookTwitterInstagramなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や、Gmailなどのメールサービス、Dropboxなどのオンラインストレージといった著名なサービスを始めとする、100以上の各種サービスが利用可能である。IFTTTを利用すると、例えばInstagramに写真を投稿した時に、自動で特定の相手にGmailで知らせることができる。あるいは、学校や職場などの特定の場所にいる時に、GPS機能を利用してスマートフォンが自動でマナーモードになるなどといったことが可能となる。また、これらの連携パターンは、「Recipes(レシピ)」と呼ばれ、ユーザーは、自分が便利と思うレシピを自由に作成できる他、公開されている世界中のユーザーのレシピを使うこともできる。
IFTTTは公式サイトでアカウントを作成すれば、誰でも無料で利用可能だ。

(横田一輝 ICTディレクター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android