コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IML アイエムエルIML

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エム‐エル【IML】[International Marching League]

International Marching League》国際マーチングリーグ。ウオーキング運動推進を目的とする国際組織。歩け歩け大会やウオーキング大会などを各国で組織、運営。1987年結成。2006年IML Walking Associating(IML国際ウオーキング協会)に改称し、略称もIMLWAに変更された。

アイ‐エム‐エル【IML】[International Microgravity Laboratory]

International Microgravity Laboratory》国際微小重力実験。NASA(ナサ)宇宙科学応用局が推進している計画。スペースラブ(宇宙実験室)を利用して国際協力によって行う無重力状態での各種の実験のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

IML

〖International Microgravity Laboratory〗
国際微小重力実験室。NASA が推進する微小重力状態での材料や生命科学などの宇宙実験計画。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

IMLの関連キーワードオットー(Nikolaus August Otto)図書館および情報学に関する国家委員会アジア太平洋法定計量フォーラムフランツ・カール ギンツカイダイムラー・ベンツ[会社]ダイムラー・クライスラースペースシャトル飛行記録機械(machine)国際微小重力実験計画ディディ・ユベルマントランストロンメルダイムラー(企業)メルセデス・ベンツナズム・ヒクメト国際法定計量機関ガソリンエンジン国際計量計測用語帽子(ぼうし)メタミクサイトハイムリック法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IMLの関連情報