コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IT時代の選挙運動 あいてぃーじだいのせんきょうんどう/ITじだいのせんきょうんどう

1件 の用語解説(IT時代の選挙運動の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

IT時代の選挙運動

日本におけるインターネットの普及率はめざましく、総務省によると2005年末には8720万人と、実に4人に3人がインターネットを利用すると推定されている。インターネットは従来の通信手段とは異なり、開かれたネットワークの下で、時間的にも地理的にも制約がなく、比較的安価に情報を発信・受信し得る手段である。現行の公職選挙法の下ではインターネットで文字等を用いて選挙運動に利用することは禁止されている。しかし、インターネットを選挙運動に導入することによって、候補者情報の充実、政治参加の促進、有権者と候補者との直接対話の実現、金のかからない選挙の実現、など計り知れない効果が期待できる。ただ、インターネットはこれまでにない新しい通信手段であり、これを公職選挙法の体系に持ち込むためには、技術的・制度的に解決しなければならない問題点も多い。制度化に向けた動きとしては、「IT時代の選挙運動に関する研究会」が01年9月、総務省内に設置され、選挙運動にインターネットを導入した場合の効果と問題点を議論し、02年8月、ホームページによる選挙運動は解禁すべきである、との結論に至り、報告書が提出された。しかし、自民党など政党側が消極的であったために法制化されてこなかった。05年総選挙で自民党が都市部の若い有権者の支持を集め圧勝した後、法案化に前向きに転じている。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT時代の選挙運動の関連キーワードインターネットカフェインターネットワーキングJUNETネット視聴率インターネット中毒インターネットTVインターネットマーケティングインターネット割引電灯線インターネット

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone