J.L. フォン・ノイマン(英語表記)Von Neumann Johann Ludwig

20世紀西洋人名事典の解説

J.L. フォン・ノイマン
Von Neumann Johann Ludwig


1903.12.28 - 1957.2.8
ハンガリー数学者。
元・プリンストン高等研究所教授。
ブダペスト生まれ。
少年時代から数学の方面で非凡な才能を見せ、19才で数学者として認められる。1926年ブダペスト大学から数学博士号取得。’30年米国のプリンストン大学教授、’33年にはプリンストン高級研究所教授となる。数学基礎論、測度論、群の上の概周期関数論等に業績を残し、’32年「量子力学の数学的基礎」を著す。また経済学者モルゲンシュテルンとの共著「ゲームの理論と経済行動」(’44年)を刊行、研究用に開発した計算機が今日のノイマン方式のコンピューター先駆となる。ワシントン

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android