コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JEITA ジェイタ

5件 の用語解説(JEITAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

JEITA

電子情報技術産業協会。2000年11月に日本電子工業振興協会JEIDA)と日本電子機械工業会EIAJ)が統合して発足した。IT産業およびエレクトロニクス産業の振興と技術開発促進などを目的としている。米国のPCMCIA (Personal Computer Memory Card International Association) と共同でPCカードの規格を策定した。また、電子機器・電子部品の総合展示会「CEATEC」、放送関連機器の総合展示会「国際放送機器展(Inter BEE)」などを主催。最近では業界代表として、地上デジタル放送の著作権保護の仕組みである「ダビング10」の策定に参加している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジェイタ【JEITA】[Japan Electronics and Information Technology Industries Association]

Japan Electronics and Information Technology Industries Association》電子情報技術産業協会。国内の電子工学・情報技術分野の業界団体。電子機器、電子部品の適正な生産・流通、貿易・消費の増進を図り、電子情報技術産業の総合的な発展を目指す。平成12年(2000)に日本電子機械工業会(EIAJ)と日本電子工業振興協会(JEIDA)が統合して発足。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ジェイタ【JEITA】

社団法人電子情報技術産業協会。国内の電子工学・情報技術分野の業界団体。ITとエレクトロニクス技術の発展を目的とする。平成12年(2000)に日本電子機械工業会(EIAJ)と日本電子工業振興協会(JEIDA)が統合して発足。同17年(2005)に日本電子材料工業会EMAJ)を吸収合併。◇「Japan Electronics and Information Technology Industries Association」から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

JEITA

〖Japan Electronics and Information Technology Industries Association〗
電子情報技術産業協会。日本電子工業振興協会(JEIDA)と日本電子機械工業会(EIAJ)を統合して、2000 年(平成 12)設立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

JEITA
じぇいた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

JEITAの関連キーワードEIAJJEIDAExifITIエグジフCBEMAJIPDEC電子情報技術産業協会情報技術EMAJ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

JEITAの関連情報