コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医用電子機器 いようでんしきき medical electronics equipment

2件 の用語解説(医用電子機器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医用電子機器
いようでんしきき
medical electronics equipment

医学において検査,診断,治療,監視などに用いられる電子機器の総称で,ME機器とも呼ばれ,次のように分類されている。生体現象測定記録装置 (心電計,脳波計など) ,医用監視装置 (分娩監視装置ICU,テレメータなど) ,検体検査装置 (自動化学分析装置,血液像分析装置など) ,医用超音波応用装置 (超音波診断装置,超音波治療装置など) ,核医学測定装置 (ラジオアイソトープ診断装置など) ,コンピュータトモグラフ,医用テレビ装置 (X線テレビ,内視鏡用カラーテレビなど) ,医用データ処理装置 (コンピュータなど) ,刺激・治療装置 (心臓ペースメーカー,レーザーメス,低周波治療器など) ,生体機能補助装置 (人工臓器補聴器など) ,医用システム (総合健診システム,病院情報システムなど) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いようでんしきき【医用電子機器】

医学領域で用いられる電子機器をいい,このような医用機器の研究・開発を行う分野をME(medical engineeringの略)という。
[MEの定義および分野]
 1958年に,医用生体工学に関する国際会議がパリで開かれたとき,MEとはmedical electronicsとされた。そこで,狭い意味でMEというとME機器,すなわち医用電子機器をさすことが多い。ところが,65年に東京で第6回国際会議が開かれたとき,medical electronics & biological engineeringと研究分野が拡大され,67年の第7回ストックホルムの会議では,さらにmedical & biological engineeringに拡大された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

医用電子機器の関連キーワード放射線科臨床医学未病臨床検査技師犯罪死陽子線SRRサイトテクノロジスト(細胞検査士)負荷試験再検査 (retesting)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

医用電子機器の関連情報